読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の下の毛処理(VIO脱毛)!形や長さのオススメの実際!

女性の下の毛処理(VIO脱毛)の方法や、おすすめの形や長さについてお伝えします。脱毛している女性は多いですが、アンダーライン(VIOライン)の脱毛は人に寄りますよね?比較的若い人が脱毛している箇所のイメージがありますが、30~40から始める人がいるものVIO脱毛の特徴です。その理由もい伝えします。

おしりの毛処理にはトリマー(グルーマー)がおすすめ!?

おしりの毛って見えないですけど、 意外と女性でも生えている方は多いものです。

だから、不衛生でいらない毛として処理したい方が増えています。

女性でVI脱毛は脱毛してないけど、Oだけは脱毛している人もいるようです。

 

トリマー(グルーマー)のメリット1『安さ』!

脱毛処理する方法としてサロンやクリニックでの脱毛が人気ですが、仕事に忙しい方はなかなかこうしたところに通うのは時間的に難しいことが多いですよね?(^^;

 

恥ずかしかったり、痛みが不安で行けないという方も多いでしょう。

そんなサロンやクリニックに通えない方に人気があるのがトリマー、グルーマーを使用したおしりの毛の処理です。

 

トリマーのメリットは手軽にできる点です。

各メーカーからいろんなトリマーが発売されていますが、5000円から1万円前後の物が多く金銭的な負担も少ないです。

サロンやクリニックに通うとなると10万円以上かかることもあるので、そうした方法と比べても断然コスパがいいです。

 

トリマー(グルーマー)のメリット2『痛みのなさ』!

痛みも毛を抜いたりワックスで脱毛するよりも痛みがなく安心です。

 

また脱毛した際に毛先が尖らないので、チクチクした違和感が少ないのもメリットです。

カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりするとチクチクして痒みを伴ったり、肌トラブルを起こす可能性があります。

こうした方法だと毛先が尖りやすく、抜くことでさらに毛が硬くて濃くなったりする場合もあります。

しかし、トリマーならこうしたトラブルを避けられます。

 

トリマー(グルーマー)のメリット3『使いやすさ』!

あとは剃るよりも見た目もキレイになりやすいです。

カミソリと違って、刃が直接肌に当たるわけではないので、満足いくまで何度でも処理することができます。

 

それに最近は、おしりの毛のカットに特化したような使いやすいトリマーもあります。

小さなヘッドで扱いやすく、電池稼働、防水機能つきのものもあります。

おしりの毛をキレイに整える場合は、こうしたコンパクトで使いやすい器具を使うことで安全に的確に脱毛できます。

 

 

おしりの毛は、うっかり生えたままでいると、恋人からがっかりされていることもあるかもしれません。

こまめにチェックして、キレイにしておきましょう!

 

女の下の毛処理の光脱毛の痛みは耐えられないほど痛い?

女性が下の毛(アンダーヘア、VIO)を処理しようと思った時、

どうやって処理するにしろ、気になるのはその『痛さ』ですよね?

 

「ただでさえ『脱毛は痛い』と聞くのに、

敏感なアソコを脱毛するなんて、耐えられる痛みなのか心配。。。」

 

そこでここでは、実際に脱毛を体験した人の「痛み」に関する口コミを集めてみました。

 

また、どうしても痛みが心配という方の為に、痛みを軽減する方法についてもご説明します。


下の毛処理方法別『痛み』の程度の確認

脱毛方法には大きく分けて3種類の脱毛方法があります。

  • 電気鍼脱毛 … 毛穴一つ一つに針を刺して、電気を流して、毛乳頭を焼く方法
  • レーザー脱毛 … 毛根にレーザーを当てて熱して、毛乳頭を破壊する方法
  • 光(フラッシュ)脱毛 … 毛にフラッシュを当てて熱して、毛乳頭を破壊する方法

 

それぞれの「痛み」を比べると、

 

電気鍼脱毛 ≫ レーザー脱毛 ≫ 光(フラッシュ)脱毛 

 

しかし、実際は「電気針脱毛」は、肌への負担が大きく、VIOを実施してくれる機関がないので、

下の毛の脱毛と言えば、

  • 脱毛クリニックでレーザー脱毛するか、
  • 脱毛エステサロン(または、家庭用脱毛器)で光(フラッシュ)脱毛するか

の2択になります。

 

『痛み』が少ない方が良いという人は、脱毛サロンや脱毛器などの光脱毛(フラッシュ脱毛)を選ぶほうが良いでしょう!

 

ここでは、その光脱毛(フラッシュ脱毛)の『痛み』について述べていきます。


下の毛脱毛の『痛み』に関する口コミ

光脱毛(フラッシュ脱毛)の『痛み』に関して、次のような口コミがありました。


■ 「一番最初は、一番痛いです!(残っている毛の量が多いほど痛いので)

私は、ホントに痛かったので、普通よりもじっかり冷却してもらうようにお願いしました!」

■ 「痛すぎて、もう、笑ってしまいました。笑」

■ 「足と腕を脱毛した事があったのですが、VIOは痛かったです。(特にIライン!)

しかし、2回目以降は慣れてしまって、以外と大丈夫なものでした。」

■ 「私はクリニックでの、レーザー脱毛も経験しましたが、

光脱毛(フラッシュ脱毛)の痛みは、我慢できないほどではなかったです。」


痛いのは痛いようですね。

 

(しかし、痛みの感じ方は個人差があるようです。)

 

どうしても痛みが気になる場合は、体験脱毛に申し込むと良いでしょう。

 

痛みを確認してみるための脱毛体験プランなら、

安いキャンペーンをやっているこちらの大手サロンがオススメです。

 


参考にしてみて下さい!

 

女の下の毛処理の料金はどのくらいかかる?脱毛方法別値段。

女性の下の毛(アンダーヘア、VIO)処理をしたいと考えた時、もっとも気になるのは、料金でしょう。

 

下の毛の脱毛にかかる料金は、
毛の濃さによる個人差や、どの程度まで脱毛したいのかという希望によっても異なるため、一概にいくらとはいえない所があります。

 

しかし、一部のエステなどで、結局いくらかかるのかわからないまま脱毛体験などに行ってしまうと、

その場で見積もりを出されて、「今申し込めば安くなる」というセールス文句に押されて割高な脱毛コースを申し込んでしまった、

という失敗例もあります。

 

そんなことにならないように、ここでは、下の毛脱毛にかかる料金相場についてご説明したいと思います。


脱毛クリニックの下の毛(VIO)脱毛料金の相場は?

脱毛クリニックのレーザー脱毛は、95%以上の毛が生えてこなくするのに、6回程度の照射が必要です。

 

(脱毛に必要な期間・回数についてはコチラをどうぞ!
>>下の毛処理(女)の期間はどのくらいかかる?脱毛方法別回数。 )

 

各クリニックの下の毛脱毛(VIO脱毛)料金相場は、6回コースで5~10万円程度としているところが多いようです。


脱毛サロンの下の毛(VIO)脱毛料金の相場は?

脱毛サロンの光U(フラッシュ)脱毛は、95%以上の毛が生えてこなくするのに、18回程度の照射が必要です。

 

各サロンの下の毛脱毛の料金相場は、6回コースで4~6万円程度としているところが多いようです。

 

よって、脱毛サロンでは、下の毛を脱毛するのに12~18万円程度かかります。


一見すると脱毛サロンの方が安く見えてしまいますが、

脱毛クリニックのレーザーと、
脱毛サロンの光(フラッシュ)は、

効果に差があるので、

同じ程度の脱毛効果を得る上では、

脱毛クリニックの方が割安であることが分かります。


下の毛脱毛で、脱毛の施術以外にかかる料金は?

脱毛の施術以外にも、以下のような費用が発生する可能性があります。

  • 保湿剤(化粧品)の料金
  • 予約のキャンセル料
  • 剃毛料(クリニックの場合)
  • 初診料、再診料

これらは事前に良く確認しておくべきです。

(最近では、これらの料金は一切かからない良心的な脱毛機関もありますが、
後から言われる場合もあるので、

「脱毛の施術以外で追加料金が発生するものを全て教えて下さい。」

と、カウンセリングの際にしっかり確認しておくと良いでしょう。)

 


参考にしてみて下さい!

 

女の下の毛処理の期間はどのくらいかかる?脱毛方法別回数。

女性の下の毛(アンダーヘア、VIO)処理は一回の施術では終わりません。

 

(脱毛方法の中でも、「電気針脱毛」なら一回で完了しますが、肌への負担が大きいので、VIOラインへの「電気針脱毛」を実施している機関はありません。)

 

「では、一体どれくらいの回数かかるの?どれくらいの期間かかるの?」

 

これは予め知っておきたいですよね?

 

そこで、ここでは、脱毛方法別(レーザーかフラッシュか)の下の毛脱毛にかかる期間と回数について、ご説明していきたいと思います。


下の毛脱毛方法には何がある?(レーザーとフラッシュの違い)

下の毛の脱毛方法には2種類あります。

 

クリニックでのレーザー脱毛と、サロンや家庭用脱毛器での光(フラッシュ)脱毛です。

 

この2つの違いは、「波長」です。

 

レーザーの方が波長を絞ってあるため、脱毛に効果的な波長の光を当てることができるので、効果が高いです。

 

また、レーザーは高出力のため、取り扱いを一歩間違うと大火傷してしまうリスクがあります。

よって、医師しか実施することが出来ないのです。

 

一方、光(フラッシュ)は、複数の波長を当てるので、脱毛に効果的な波長以外も照射することになり、肌が過剰に熱せられるため、火傷しないように出力を落とさなくていけないため、脱毛効率は低くなってしまいます。

 

(一般的に、光(フラッシュ)の効果は、レーザー脱毛の1/3と言われています。)


脱毛にかかる期間を把握するために知っておきたい『毛周期』

脱毛にかかる期間を知るためには『毛周期』を知っておくことが必要です。

 

「毛周期」とは、「毛の生え変わるサイクル」のことです。

 

毛は以下のサイクルで生え変わっていきます。

 

  • 成長期:毛が成長する時期。

  • 退行期:毛が抜ける時期。

  • 休止期:毛がない状態の時期。

  • 成長期



ここで、脱毛の原理を確認しておきましょう。

 

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、毛を光で加熱して、毛乳頭に熱ダメージを与える方法です。

 

つまり、成長期にある毛にしか作用できないのです。

 

しかも、成長期にある毛は、全体の20~30%と言われています。

 

よって、脱毛は一回では終わらず、毛の毛周期を見極めながら、光を照射していく必要があるのです。


下の毛脱毛にかかる期間と回数

レーザー脱毛では、5回照射で95%以上の毛を脱毛できると言われています。


(個人差はあります。)

 

しかし、下の毛(VIOライン)は、他のムダ毛に比べて一般的に毛の質が太くて濃いので、必要なレーザー照射量は少し多くなります。

 

よって、6回程度のレーザー照射が必要と言えるでしょう。

 

また、フラッシュ脱毛の1回の脱毛効果は、レーザー脱毛の1/3程度と言われています。

 

よって、脱毛に必要な照射回数は、18回程度と言えます。

 


脱毛の頻度は、2ヶ月に一回程度になります。

 

この理由は、以下の事情を考慮して、脱毛1回の効果を最大化するためです。

  • 毛が休止期にある期間が3ヶ月程度であること
  • 毛は体表の20~30%しか生えていないこと
  • 脱毛のレーザーやフラッシュは肌に負担がかかる

(逆に言えば、毛周期の関係から、頻繁に脱毛しても効果は上がらず、ムダに肌を傷つけてしまうだけということです。)


よって、脱毛にかかる期間は、

レーザー脱毛で1年、エステで2~3年ということになります。

 

(*ただし、「2ヶ月に一回」というペースは目安です。

脱毛初期は毛が多いので、1ヶ月に一回程度通ったほうが良いですし、毛が薄くなってきたら3~4ヶ月に一回というに次の脱毛のタイミングは遅くなっていくものです。)

 


参考にしてみて下さい!

女の下の毛処理の長さが自然に見えるのはどれくらい?

女性が下の毛(アンダーヘア、VIO)を自分で処理しようと思った時、
毛の長さをどの程度の長さに整えれば良いのか考えてしまいますよね?

 

ここでは、自然に見える長さの目安と、処理するときのポイントについてご説明していきます。

 

下の毛が自然に見える長さはどのくらい?

下の毛が自然に見えるのは3cm程度と言われています。

 

(これだとムダ生やしの状態より少し短い程度になるはずです。)

 

また、VIO別にみると、それぞれにポイントがあります。

 

Oライン(おしりの穴周りの毛)の処理のポイント

まず、Oラインについては、基本的に不要です。

無くて困ることはありません。

(生えいているようなら、全部処理してしまった方が良いでしょう。)


Vライン(性器上部のパンツで隠れる箇所の毛)の処理のポイント

次に、Vラインは、性器に近い程(株に向かうほど)長くなるように(3cm程度)処理すると、

処理している感じのない自然な仕上がりになります。


Iライン(女性器周り)の処理のポイント

最後にIラインは、粘膜部分も混在する非常にデリケートな部分なので、

カミソリで剃ったり、

脱毛ワックスや毛抜きで抜いたり、

除毛クリームで溶かしたりなんてタブーです。

 

「では、処理しない方が良いの?」

 

いいえ。

 

処理しないと、Vラインを処理した後だと余計に目立ってしまいます。

 

正直言ってこのIラインがVIO脱毛の要です。

 

ここの処理に出来次第で、アンダーヘアに対する評価が決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

 

では一体どうやって処理するのか?

 

理想は、レーザーやフラッシュでプロに脱毛してもらうことですが、

自分で除毛するとなると、

オススメの方法は、「ヒートカッター」です。

 

「ヒートカッター」は、毛をコームの間に入れて焼き切る道具です。

この除毛方法なら、肌を傷付ける心配はありません。

 

しかし、処理原理上、ツルツルにすることができません。

かならず最低でも5mm程度は残ってしまいます。

 

ただし、小陰茎内の毛なので、この程度まで処理できれば、目立って見えることはなくなります。

 


参考にしてみて下さい!

女の下の毛処理の形は型紙を使って決めるのが便利!

女性が下の毛(アンダーヘア、VIO)を処理したいと思った時、

初めての場合だと、どんな形にしたら良いのか迷いますよね?

 

「一般的に、他の人はどんな形にしているんだろう??」

 

そう思って友達に相談しようにも、なかなかいきなり切り出しにくい話題でしょう。

 

そこで、ここではそんな下の毛処理初心者にうってつけの、Vラインの大きさや形のガイドになる型紙について紹介します。


下の毛の形見本の「型紙」とは?

「アンダーへア型紙」とは、アンダーヘアの形を幾つかのパターンであらかじめ型どってあるパッドです。

 

これがあれば、

  • 「どんな形にすればいいか迷って、結局ボーボーのまま」
  • 「失敗して、変な形になってしまった」

なんてこともないでしょう。


どの形にしようか迷ったらナチュラル

最も自然に見えるのは「ナチュラル」です。

 

明らかに未処理のボーボーの感じはなくしつつ、

「手入れしている感」も抑えられる型です。

 

下の毛処理初めての方や、どれか迷った場合におすすめです。


注意!彼氏の意見より自分の好きな形を優先するべき

ここで注意して欲しいのが、彼氏の好みよりも自分の好みを優先させてた方がいいということです。

 

なぜなら、一度形を作ってしまうと、形を変えるのには時間がかかるからです。

 

もし、彼氏と別れる度(あるいは彼氏の好みが変わる度)に形を変えていたら大変です。

 

しかも、下の毛を処理し始めて、毎回の処理が面倒になって脱毛に踏み切ってしまった場合は、

もう後戻り出来ません。

 

(除毛から初めてみて、その後脱毛する人は多いです。)

 

だから、下の毛の形は貴女の好きな形にしておいた方が良いでしょう。

(自分の満足度が高い方が、自分に自信を持てるため、Happyに入れますよ!)